基本情報

J-SOLトップページ
"SF inside" Day 2018
〜 SFを活用する人々が、認め合い、学び合い、応援し合うために集う日 〜
終了しました。

2019年は6月22-23日開催予定です。

「SF inside(エスエフ・インサイド)」とは

“SF inside”とは 思考およびコミュニケーションの取り方の中に、効果的にソリューションフォーカスが活かされ、日常的にソリューションフォーカスの恩恵を享受している様子を表す言葉です。

「“SF inside”なチーム(職場)」とは SFコミュニケーションが交わされる度合いが高いことで、満足度や生産性が高く、メンタルヘルス環境の良い集団を意味します。

“SF inside”なあり方や“SF inside”なチーム(職場)づくりを目指している人、およびそれを支援しようとしている人は誰でもこの大会に参加する資格があります。

プログラム概要

1. プログラム構成:

基本的に参加者の皆様の実践事例を共有して、お互いに学び合う形式をとります。以下の3つの形式の組み合わせとなります:

◆全体会:
一つの部屋で全員で事例共有やその他の発表に耳を傾け、ディスカッションをします。
◆分科会:
事例提供者がいくつかの部屋に分かれて発表をし、参加者は関心のあるテーマの発表を聞き、質疑応答やディスカッションに参加することができます。
◆オープンスペース:
話し合いたいトピックをその場で募集します。トピックを提示した人がスペースリーダーとなり、小部屋に分かれ、参加者は自由に動きながら、関心のあるトピックのスペースに参加します。

応募された事例内容を主催者側で検討し、全体会と分科会に振り分けさせていただきます。場合によっては、オープンスペースでの発表をお勧めする場合もあります。

そして、最終的に1日半のプログラムとして組みあげて告知いたします。 詳しいプログラム内容は、4月上旬頃に公開する予定です。

SFiD全体会の様子 SFiD分科会の様子 SFiDオープンスペースの様子
全体会の様子 分科会の様子 オープンスペースの様子

PAGE TOP